ハピタス攻略法 - ハピタスで稼ぐコツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピタス攻略法

ポイントサイト「ハピタス」の攻略方法を紹介します。
ハピタスを利用して小遣い稼ぎをしたい、副収入を得たいと考えている方は、
その仕組みを理解し、どうすればポイントを稼げるかを知りましょう。
誰でも稼ぐチャンスは平等。
要はやるかやらないか!実践するかしないかです!


攻略の鍵はランク制度とクチコミ紹介(友達紹介)


極論から言ってしまえば、攻略の上で重要なことは、たったの2つ。

「ランク制度」におけるランクアップとランク維持のための自己広告利用
「クチコミ紹介(友達紹介」を利用した報酬の獲得


この2だけ攻略できれば、それはもう「攻略成功」と言えます。

もちろん、これだけではありません。

・毎日サイトに訪問し、トップページ上のクリックdeゲットのバナー広告クリック5種×1ポイントで
 5ポイント獲得。(1ヶ月で150ポイント獲得)
・ウェブ検索deゲットのウェブ検索で宝くじ交換券を毎日1枚貯め、毎月5日のハピタス宝くじに挑戦。
・ハピタストレジャーゴールでポイント獲得。
・クリックdeポイント!、クリックde宝くじ交換券GET!のメールで獲得。
・ハピタス検定で10ポイント、宝くじ交換券25枚。
・アンケート参加。

など、貯める要素は多々ありますが、ここでは攻略上重要な2点について解説します。



ランクアップとランク維持のための広告利用


ハピタスでは、「ランク制度」が新たに導入されました。
まずは、このランク制度がいかなるものかを解説します。
詳細概要は以下のとおり。

ハピタスランク制度 各ランクの昇格・維持条件


会員ランク各ランクの昇格・維持条件
ゴールド会員過去6ヶ月間 広告利用有効判定20回以上 or 獲得ポイント10,000P以上
シルバー会員過去6ヶ月間 広告利用有効判定5回以上 or 獲得ポイント2,500P以上
ブロンズ会員過去6ヶ月間 広告利用有効判定1回以上 or 獲得ポイント1P以上
一般会員ハピタス登録直後は一般会員スタート

※ドル箱からの移行ユーザーは、ドル箱時の称号で引継ぎスタート。
※ポイント交換手数料は全会員無料
ハピタス移行後の最初の6ヶ月はランク昇格のみで降格なし。

最悪なケースの紹介
(ドル箱時ゴールド会員がハピタス移行後6ヶ月広告利用しなかった場合)
10月(ドル箱時)11月12月1月2月3月4月5月
ゴールド会員ハピタスゴールド会員で移行も6ヶ月広告利用無し降格 一般会員

新規ユーザーの一例
(ハピタス登録後FX口座開設案件で1発10,000P獲得した場合)
10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月
登録無ハピタス登録
FX口座開設広告利用
10,000P有効判定
ゴールド要件満たす
会員ランク決定
ゴールド会員
最低6ヶ月は広告未利用でも
ランク維持
※表の都合上、有効判定が早いFX口座開設での例にしています。


ゴールド会員を維持する方法は2つ
・半年間に割と高めの広告案件を利用し累計10,000P以上の獲得する。
・楽天、yahoo!等の買い物や他の広告案件利用で有効判定回数を増やす。
 (月平均3回~4回利用で半年間の利用回数を常に20回以上保つ)


ハピタスランク制度 会員ランク特典


ハピタスでは、前月に獲得したポイントに対して、ランクに応じた還元率の
会員ランクボーナスポイントがもらえるようになりました。
※「広告利用」および「アンケートひろば」で獲得したポイントが対象

会員ランクランクボーナス還元率
ゴールド会員獲得ポイントの2%
シルバー会員獲得ポイントの1%
ブロンズ会員なし
一般会員なし

前月に獲得したポイントが10,000Pあった場合
ゴールド会員 獲得ポイント数・・・10,200P(200Pのボーナスポイント付与)
シルバー会員 獲得ポイント数・・・10,100P(100Pのボーナスポイント付与)
となります。
※正直これはたいした特典ではありません。

しかし、次に挙げるゴールド会員の特典は生かす必要が出てきます。


ハピタスランク制度 ゴールド会員のみ交換上限額の引き上げ


これまでのドル箱では、ポイントの交換上限額は、30,000Pでした。
それが、2013年5月(予定)よりゴールド会員のみを対象として交換上限額が引き上げられます。
上限額がどれぐらいになるかは未だ分かりませんが、
これは、ヘビーな広告利用者若しくは友達紹介報酬ポイントの多い者にとっては、朗報です。
月の換金額が増えればそれだけで、いいお小遣い、副収入となります。
そのため、ゴールド会員のランク維持は、ユーザーによっては重要となります。

個別広告案件の利用と攻略法


個別広告利用案件については、別記事として随時UPしていきます。
(しばらくお待ちください。)



ハピタスクチコミ紹介制度(友達紹介制度)


ハピタスを攻略し、恒常的にポイントを稼ぐ上で最も重要となるのがクチコミ紹介(友達紹介)制度。
このクチコミ紹介制度は、今回のドル箱からハピタスへのリニューアルで画期的に改善されました。
新しい制度での友達紹介最大ポイント還元率は40%まで跳ね上がり、これまでの30%から10%も
増しました。
これはもう既存のドル箱からの移行ユーザー、これからポイントサイトアフィリエイトを始める新規ユーザーにとっても見逃してはいけない重要な内容です。
「紹介者報酬を稼ぐこと」これがポイントサイトで稼ぐための終着点。
長くなりますが、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

それでは、内容について解説していきます。


クチコミ紹介制度


まずはじめに用語について
ドル箱から移行後のハピタスでは友達紹介の名称が変更となりました。
※友達紹介のコンテンツ名を「クチコミ・紹介ひろば」
 また紹介により登録されたたユーザー名を「ハピ友」、
 ハピ友から還元されるポイントのことを「ハピ友ポイント」と呼びます。

クチコミ紹介特典
1 ハピ友1人紹介につき100ポイントプレゼント
2 ハピ友にも登録時に30ポイントプレゼント
3 ハピ友が貯めたポイントの10%~40%を毎月プレゼント(下記ハピ友還元率表参照)

ハピ友ポイント還元率
ステージ表stage1stage2stage3stage4stage5stage6stage7stage8
条件A
ハピ友累計数
1人2人3人10人50人100人500人1,000人
条件B
当月有効ポイント数
0~29P30~999P1,000~
2,999P
3,000P~----
ハピ友ポイント率10%15%25%30%35%40%40%40%
スペシャルボーナス------ボーナス1ボーナス2

ドル箱時代の還元率は条件Bに当たる部分で表にすると以下のとおり。
当月有効ポイント数0~29P30~
499P 
500~
2,999P
3,000P
ドル箱時の還元率10%  15%  20%  30%  

変更点
・新たに条件Aのハピ友累計数によるハピ友ポイント率が設定され、
ハピ友累計数50人以上で35%、100人以上で40%のハピ友ポイント率が追加された。
・500人以上でスペシャルボーナス1・2が追加された。(詳細は現時点では不明)
条件Bの自己の当月有効ポイント数によるハピ友ポイント率が変更された。

※ハピ友紹介における還元率は、「ハピ友累計人数」「前月の有効ポイント数」
どちらか有利な条件で還元率がアップする仕様となっている。
※条件Aの「ハピ友」のカウントは、ハピタス移行後に友達紹介を行なった者が対象となります。
※ドル箱の友達とハピタス移行後のハピ友を区別するために、クチコミ・紹介ひろばでは、
ハピ友累計数 
~2012.10.31 10人(ドル箱の友達の数) 
2012.11.01~ 10人 (ハピ友の数)
といった感じで表記されています。


大改善されたクチコミ紹介(友達紹介)制度を最大限に活かせ!


これまでの友達紹介制度では、自己の当月の有効ポイント数だけが条件であったため、
広告の利用が無かったり少なかったりすると、月毎に友達紹介で得られる還元率が流動的でした。

しかし、リニューアル後の、ハピ友累計数による条件が追加されたことによって、
一定の還元率を保つことが容易となりました。

仮に10人紹介に成功すれば、常に30%の還元率を確保でき、
また、紹介人数が多いヘビーユーザーさんにとっては、100人以上で還元率40%、
500人以上でのスペシャルボーナスの付与といった感じで、ハピタスのクチコミ紹介(友達紹介)制度は
無限の可能性を秘めています。

これはもう、この紹介制度を活かして稼ぐために始めるしかないのです。

チャンスは、あなたも私も皆平等。

家族、友達、ブログ、SNSを利用して紹介していくだけです。

頑張りましょう!!

冒頭にもふれましたが、要はやるかやらないか!実践するかしないか!です。
(やれば可能性は皆同じ、やらなきゃ0です。)

長文お付き合いくださりありがとうございました。


登録はもちろん無料です。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↑ハピタスヘ登録する


まずはここから実践!10分で10,000P(円)稼ぐ方法
稼ぎたいなら始めよう!ドル箱攻略手順
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://dorubakopoint.blog.fc2.com/tb.php/64-1f987167

自動積み立て預金を利用する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。